続・シリウスの線路際のロマンを求めて 別館

鉄道を愛する全ての人々に捧げます。私、シリウスが日頃の鉄道旅、鉄道撮影、もう1つの趣味の男の料理等、淡々と綴っていきたいと思います。お立ち寄りの際は見て行ってやってください(^_-)-☆

JR九州では787系をリニューアル(^_-)-☆ D&S列車 黒い787【36ぷらす3】が2020年秋より運転開始

皆さんこんばんは。

先日JR西日本の新しいスタイルの夜行特急列車【WEST EXPRESS 銀河】の事を書きました。

 

www.senrogiwa-roman.com

その直後、今度はJR九州から新しい観光特急列車の概要が発表されましたね。

 

【36ぷらす3】 JR九州 九州1周旅行 787系 サハシ787形 ビュッフェ車 食堂車 特急つばめ号 博多 西鹿児島 鹿児島中央 大分 宮崎 小倉 門司港 長崎 佐賀

その名も【36ぷらす3】面白いネーミングですよね。

【36】というのは九州は世界の中で36番目に大きな島にちなんでとのこと

+【3】で【サンキュー】お客様に感謝(^_-)-☆という意味なんだそうです。

 

ルート見てみましたがこんな感じなんですね(^_-)-☆

 

        木曜日 博多~熊本~鹿児島中央

     金曜日 鹿児島中央~宮崎

     土曜日 宮崎空港・宮崎~大分    

     日曜日 大分・別府~小倉~博多

      月曜日 博多~佐賀~長崎~佐賀~博多

というように5日間で九州を1周するスケールの大きなルートとなるようです。

このルートは【ななつ星】より距離は長いわけですね。

しかも注目は木曜日の博多~鹿児島中央のルート、今では第3セクター 肥薩おれんじ鉄道区間もこの【36ぷらす3】は全線走破します。

つまり九州新幹線開通以前のメインルートを電車特急車両で乗入れる訳です。

これは物凄く興味深く、乗ってみたいな~と思いましたね。

 

僕も学生時代、寝台特急はやぶさや博多~西鹿児島間を走破していた頃の787系 特急つばめ号や夜行のドリームつばめ号でこの区間の乗車は何度も体験してます。

鹿児島方面に向かって右側の東シナ海を望む車窓はこの区間のハイライト、美しい車窓を体験して旅したことを思い出します

この体験が再び味わえるということに本当に粋なことをしてくれたなと感服しております。

なので1日目のルートは昔の787系 つばめ号をそのまま再現されそうな感じなんでしょうね。

787系つばめ号はデビュー当初は堂々の9両編成、サハシ787形ビュッフェ車や先頭車クモロ787形は個室、トップキャビンを備えたグリーン車と贅沢な設備とグレー1色のカラーリングで「今までの特急車両と次元が違う」と僕が初めて乗車した時思ったものです。

でこの【36ぷらす3】は787系 6両編成を改造、リニューアルした編成で運行されるみたいでビュッフェ車も復活と記されております。

なので元サハシ787形→現サハ787-200を再改造(この車両は元ビュッフェ部分は相変わらずの独特の天井が残ってますからね)するみたいですね。

787系の往年の姿を復刻させる意味合いもあるみたいですね。

【36ぷらす3】 JR九州 九州1周旅行 787系 サハシ787形 ビュッフェ車 食堂車 特急つばめ号 博多 西鹿児島 鹿児島中央 大分 宮崎 小倉 門司港 長崎 佐賀

カラーリングも黒をベースにした外観でなかなか渋くてカッコいいと思います。

この列車、全てのルートは昼行で運転するとのことみたいです。

あとななつ星のように完全なツアーではなく、一般発売も行われ、全区間乗り通さずに1日だけというような切符の買い方も出来るみたいですね。

まだまだ詳しいことは発表されてませんがこの【36ぷらす3】は先に発表された【WEST EXPRESS 銀河】とコンセプトは似ている感じがしますね。

 

これから色々と全貌が見えてくるであろう【36ぷらす3】。

またまた乗車したい列車が増えましたよ。楽しみですね。

 

以上です。

 

 

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村


鉄道写真ランキング